導入が簡単!会計ソフト

勘定科目の設定をして利用

個人事業などではそれほど複雑な経理処理は必要ありません。ただ、確定申告の時に申告用の資料の作成に追われる人もいるでしょう。中小企業などでは経理担当者がいなくて社長や社長の妻が経理をしているところもあります。こちらも手作業では経理業務がなかなかはかどりません。会計ソフトなら、一旦利用を始めるとその後は楽に事務処理ができるようになります。導入の時に行わないといけないのが勘定科目の設定です。現金や預金、売掛金など必要な科目の設定を行います。これまで手作業だったなら一から行いますが、各ソフトで標準の勘定科目が設定されています。まずは標準の科目を使い、経理業務に慣れてきたときに必要に応じて増やしたりすればいいかもしれません。

インストール型とクラウド型

かつての会計ソフトは、家電量販店で販売されているものが主流でした。CDやDVD等にソフトのデータが入っているので、それをパソコンなどにインストールして使います。ソフトの規模が大きなものだとそれなりに時間がかかりました。今もCDなどからインストールするものや、ネットからソフトのデータをダウンロードした上でインストールして使うものがあります。もっと簡単に利用できるタイプとしてクラウド型があります。こちらはインストールは不要です。インターネット上でシステムが提供されるので、ウェブブラウザが使える環境ならすぐに使えます。パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンからも入力や分析などができます。データの保存もクラウド上で行えます。